2012年8月8日水曜日

ノートPCの熱対策

今年の4月から使用しているPanasonic Let's note CF-W4(2005年モデル)の発熱が、夏の暑さの影響もあって気になり始めた。
左側アームレストの下にはアツアツのPentiumMが搭載されている。手をPCに乗っけると、まるでホッカイロに手を触れているように感じられるほどである。問題はPC本体だけではない。Let's noteが置かれていた木製の机の表面は、通常の使用ではありえない程の高温になっていた。机の熱による変形などはまだみられてはいないが、今後、長期にわたって負荷をかけ続けるのは、机の寿命を短くすることにもなりかねないので、なんらかの排熱対策を講じる必要を感じた。
ノートPCの冷却システムは数多く販売されている。主にファンによる空冷方式が多いようだが、モバイルノートに外部電源の必要な冷却システムを使うのは良い判断とは言えない。また、重量が思いものも多く、手軽に使えない印象があった。
そんな中、今回購入に至ったのは、有限会社マルダイの「のっけて!すのこタン。」である。
”すのこタン。に使用しているアルミ素材A1100/1050は、アルミニウム純度99%以上の高価な素材です。熱伝導率は222~225(25℃・Jgs)と、一般に多用されているアルミ合金(A5052)の138(25℃・Jgs)よりずっと高く、放熱性に優れた素材です。” ―公式HPから引用―
なんとも説得力のある言葉に心が動かされてしまったわけである。こういった製品に萌え要素を入れようという製造メーカーの意気込みに応えるためにも、ここは一つポチるべき...などというようなことでは決してない。

Fig.1 正面の図
Fig.2 使用してみたところ
Fig.3 正面からひっくり返して見たところ
Fig.4 横から見たところ

Fig3,4などから見て分かるように、非常に薄いアルミで構成されているため、非常に軽量である。また、すのこ型のため、通気性も抜群である。Fig.2のように設置して、20時間程PCに20~50%程度の負荷を掛けてみたが、以前のように下の木製の台が熱くなることはなくなった。すのこを退かして木製の台に触れても、人肌程度に温まっているだけである。効果は抜群だ。ただ、ラップトップのアームレスト部分の温度は以前と比べて、大きく低下したとは言えない。机とラップトップの間に熱が留まることが無くなったので、若干アームレストは温めになったものの、熱は上に逃げるものなので、快適と言えるほどの熱の低下は起きなかった。本機は、ファンレスPCなので仕方の無い結果かも知れない。
一先ず効果はあったので、費用対効果は十分である。

0 件のコメント:

Instagram