2012年12月2日日曜日

PCM2DSD基板(P2D)


予約していたPCM2DSD基板(P2D)が到着していたので簡単に感想を。
早速、UDA基板→P2D基板→Jitter Cleaner→DAC9018S(→はI2S接続)の組み合わせで聴いてみた。
予想通りのDSDサウンド。素晴らしい。スピーカーやパワーアンプをもっと煮詰めていかないといけないと考えざるを得ない。DSDの独特の柔らかさで、大音量時に耳に付く嫌なピークが無くなり、低域が量感豊かに再生される。ダイナミックレンジの広い曲では特にこの特徴がハッキリと分かる。ボリュームをどんどん上げたくなる。うわぁあああ、全然歪まない!

同時にDSD principle DACの基板も到着。部品収集を開始せねば。

Instagram