2015年10月30日金曜日

7C5プッシュプルアンプの製作


7C5プッシュプルモノラルアンプの製作

主な特徴

  • 初段・PK分割:6SL7,出力段:7C5
  • 最大出力:だいたい7W
  • トランス類:全て橋本電気製
  • 電源トランスは過剰な物量投入
  • 全段直流点火(交流点火でも残留雑音0.6mV以下)
  • カソードバイパスコンデンサに大容量音響用電解コンデンサを使用
  • モノラル・セパレート仕様
  • 電源SWにCarling製の指に優しいトグルスイッチ
  • コネクタには信頼性の高い物を厳選
  • 内部配線がこれまで作った機器の中で最も綺麗w
  • シグナルパスが最短となる航空母艦を模した部品配置w




これまで製作及び使用してきたパワーアンプの中で最も美しい音色を持つアンプとなった.出力段の7C5はシルバニア1944年製,初段はJAN球のPhilipsECG 6SL7WGT.
和太鼓の音色が見事に再現され,管球アンプの素晴らしさに触れることが出来た.AudioproのトールボーイSPからこんなにもリアルな再生音が得られるとは感動的である.

0 件のコメント:

Instagram